前妻(前夫)との間にお子さんがいる場合の相続

遺言にはいくつか種類がありますが、自筆遺言ではなく、公正証書遺言をおススメします。

わたくしたち、相続手続支援センターは、
全国41支部で活動している団体です。
“前妻(前夫)との間にお子さんがいる場合の相続”の詳細は »

相続税の申告が必要な方が増えています

相続税の申告が必要であっても、特例を使って税額がでない場合もあります。 しかし、それは申告が要件となっています。

今年の1月1日から相続税の基礎控除額が変わりました。
それから約8ヶ月あまり、
“相続税の申告が必要な方が増えています”の詳細は »

相続の放棄をしたが、やっぱり欲しい

詐欺や脅迫、錯誤(勘違い)等により相続放棄の手続きをした場合は、取り消すことができます。

家庭裁判所に相続放棄の手続をしたが、やっぱり相続をしたいと思った場合、取り消すことはできるのでしょうか?
結論から申し上げると、相続放棄の手続きは、一度行うと、原則取り消すことはできません。


“相続の放棄をしたが、やっぱり欲しい”の詳細は »

贈与税の控除についてのおはなし

「相続税」「贈与税」どちらかではなく、両方使って税金対策を考えるのが良いです

「贈与税」の場合はこうだ。

○「基礎控除」 110万円
これは、相続時に一度適用される「相続税の控除」と違って、
毎年できます。
“贈与税の控除についてのおはなし”の詳細は »

保険金の受け取る人とその方法について

被保険者に兄弟以上の家族がいない場合は、被保険者の生活を支えていた人が受取人になる。

被保険者に兄弟以上の家族がいない場合は、
被保険者の生活を支えていた人が受取人になるという中身です。
生計を支えていたものが保証人になっていたという
事実を証明するものがあれば、受け取れることになります。
“保険金の受け取る人とその方法について”の詳細は »

相続税の計算と節約のしかた

正確な財産債務の把握はトラブルを回避するにも財産の受け取りには注意する。

遺贈の場合は、相続人と受遺者が具体的に受け取ったその土地建物を含む遺産について、評価額を算出し、
それを合計して、基礎控除(5000万-(1000万×法定相続人の数))を引いて課税対象の遺産額を出し、

相続税の合計額を算出し、それを各人の受け取った額で按分し、各人が納税します。
“相続税の計算と節約のしかた”の詳細は »

相続の欠格者に該当してしまう人物

詐欺・強迫により、被相続人に相続に関する遺言を作成・撤回・取消し・変更させた者

故意に被相続人、先順位・同順位の相続人を死亡するに至らせ、
または至らせようとしたために刑に処せられた者

(民法891条1号)
被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者

(民法891条2号本文)
※是非の弁別のない者など民法891条2号但書に規定される場合を除く 詐欺・強迫により、被相続人が相続に関する遺言を作成・撤回・取消し・変更することを妨げた者
“相続の欠格者に該当してしまう人物”の詳細は »

民法をよく読みとくと相続のことがわかる

自分の相続に関する権利と義務は法律で決まっている。民法を一度読むのもいいだろう。

葬儀費用を相続財産から支出する場合は、きちんと明細を明らかにして、(領収書も添付するなどし)おくことです。一番良いのは生前に葬儀費用についてどう負担するのか、きちんと考えておくことが大切です。

遺産分割協議のときに葬儀費用の負担をどうするか、とそのうえにたって実際の時には話し合うべきでしょう。
“民法をよく読みとくと相続のことがわかる”の詳細は »

家族の遺産を相続した後のやるべきこと

香典や食事代など葬儀に関する支出と収入を相続の手続きでどうするか

遺産分割協議のときに葬儀費用の負担をどうするか、
とそのうえにたって実際の時には話し合うべきでしょう。それと遺産分割での例をあげます。

被相続人の遺産が不動産しかない場合、それを同居していた配偶者や子に相続させたい場合、他に相続人がいて、(内縁の妻の子など)相続分を放棄してくれればよいのですが、当然のように自分の法定相続分を要求してくることも予想されます。
“家族の遺産を相続した後のやるべきこと”の詳細は »

葬儀の費用を準備するために考えること

故人が亡くなった後、銀行の口座がとまってしまう前に相談して、葬儀費用をおろせることもある。

不動産を相続したい方は、被相続人の遺産に現金預貯金がない場合、
どんなことをしてでも相続分の支払いをしなくてはなりません。

民法892条の定めるところにより相続権を持つ人間に著しい非行の事実がある場合に、家庭裁判所に「推定相続人廃除調停申立て」をすることにより推定相続人の持っている遺留分を含む相続権を剥奪する制度もありす。
“葬儀の費用を準備するために考えること”の詳細は »

« 過去の記事