贈与税とは個人にかかるものです

贈与税は個人から個人への無償譲渡によって課税される税金です。法人から個人への無償譲渡には、貰った個人に一時所得としての所得税が課税。
逆に個人から法人への無償譲渡には、その法人に法人税が課税されます。
相続や遺言で財産を貰ったとき(遺贈)には相続税が課税されますので、生前に財産を贈与して、
相続税逃れをさせないための税金が贈与税と考えていいでしょう。
更に、贈与税逃れと思われる著しく安い値段での売買にも一般的な価格との差額を贈与とみなし贈与税を
課税される場合があります。まったく税務当局は抜け目が無いというか恐ろしいところです。
ただ、贈与税にも1年に110万円までは課税されない基礎控除があります。
親から子や孫に1年に110万円を贈与しても、この場合は贈与税がかかりません。

この場合の110万円という金額は、誰からもらったかではなく、その人が1年間に贈与を受けた金額の合計です。

例えば、父から110万円、母から50万円もらったのであれば、合計160万円もらったことになるので
基礎控除額の110万円を超える50万円については贈与税の対象になります。

普段から最新の相続税の情報を仕入れている川崎のセンター
消費税の改正でもわかるように、税金の法律は時代によって変わっていく。
細かなことを含めば、毎年のように何かしら刷新されているともいえる。相続税とて例外ではない。
よって、いつもアンテナを張って最新の情報を入れている専門家でなければ、相談の相手として怖い。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/tax/

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む