贈与税の控除についてのおはなし

「贈与税」の場合はこうだ。

○「基礎控除」 110万円
これは、相続時に一度適用される「相続税の控除」と違って、
毎年できます。
毎年、110万円までの贈与なら、ゼロです。
相続人以外にも、贈与できるので、孫に贈与すれば、相続を1回分得します。

○「配偶者控除」 2,000万円
婚姻20年以上の夫婦間で、
「居住用不動産」又「居住用不動産の取得に充てた資金」を贈与した場合です。
これは、要件に該当しないと、控除されません。

「相続税」「贈与税」ともに、最低税率は10%ですが...
税金の計算方法が全く異なるので、簡単には、比較が
できません。 「相続税」「贈与税」どちらかではなく、
両方使って税金対策を考える!が良いです。

「相続時精算課税」という制度がある。

これは、生前に財産を子供に贈与 → 税金は、
相続時に精算!という制度です。

2500万円までは、贈与税がゼロ → 結局、相続時に精算。
(課税)されますが、 相続時に課税される価額は、
相続時の価額でなく、贈与時の価額で良いのです。
なので、「価額が上がりそうな財産」は、この制度で贈与すると
良いと言われています。

聞けば相続税に強い人だ分る遺産の相談所
実は多くの税理士は会社の顧問を生業としている。安定的な収入を見込めるから経営をしやすいのです。
けれど、なかには相続税を専門にする方もいる。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/tax/

 

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む