熟慮する期間が相続の放棄ではポイントだ

民法で決まっている相続の放棄という制度について説明します。ポイントは3ヶ月という期間ですね。

相続の承認・放棄をすべき期間を熟慮期間といいます。

熟考期間は、そうぞくの承認や放棄は自己のためにそうぞくの開始があったことを知った時から3ヶ月以内にしなければならない、とされています(915条1項本文)。
“熟慮する期間が相続の放棄ではポイントだ”の詳細は »

贈与税とは個人にかかるものです

贈与税には、1年に110万円までは課税されない基礎控除があります。

贈与税は個人から個人への無償譲渡によって課税される税金です。法人から個人への無償譲渡には、貰った個人に一時所得としての所得税が課税。
逆に個人から法人への無償譲渡には、その法人に法人税が課税されます。
“贈与税とは個人にかかるものです”の詳細は »

相続の手続きにおける限定承認の申立て

相続や遺言は、法で定められた相続関係を変更することですが遺言でできる事項は、法律によってきめられています。

そうぞくの限定承認は、そうぞくの開始後3ヶ月の考慮期間内に、そうぞく財産の財産目録を作成し、限定承認する旨を家庭裁判所に申したてなければなりません。 申立の要点は以下の通りです。
“相続の手続きにおける限定承認の申立て”の詳細は »

相続の承認および放棄の本質と基本をかく

相続の承認や放棄は自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内にしなければならない、とされています

そうぞくは被そうぞく人の権利義務をそうぞく人が承継する効果をもっています。
そうぞくの承認・放棄をすべき期間を熟慮期間といいます。

熟考期間は、そうぞくの承認や放棄は自己のためにそうぞくの開始があったことを知った時から3ヶ月以内にしなければならない、とされています
(915条1項本文)。
ただし、特別な理由があった場合は熟考期間においては利害関係人や検察官の請求により家庭裁判所へ延長の申請をすることができます。
(915条1項但書)
“相続の承認および放棄の本質と基本をかく”の詳細は »

よくある葬儀の費用についての話

葬儀の費用は相続した財産から支出すると決まっているわけではない

葬儀費用は相続財産から支出すると決まっているわけではないのですがそれを使ってもいいですし、
場合により喪主が自己負担するでしょう。ただし香典や弔慰金も喪主が処分権を持っています。

額によっては自己負担できないケースもあります。
“よくある葬儀の費用についての話”の詳細は »

死亡した人に払われる退職金の相続

死亡の保険金の受取人が相続人である場合は、非課税の枠があります。

死亡保険金の受取人がそうぞく人である場合は、非課税枠があります。
すべてのそうぞく人が受け取った保険金の合計額が次の計算式によって
計算した金額までであれば、そうぞく税は課税されません。
“死亡した人に払われる退職金の相続”の詳細は »

相続権を失う欠格する要件とは

また遺言などで被相続人の意志によって相続権を失う制度のことを廃除といいます。

(民法891条2号本文)※是非の弁別のない者など民法891条2号但書に規定される場合を除く 詐欺・強迫により、被そうぞく人がそうぞくに関する遺言を作成・撤回・取消し・変更することを妨げた者

(民法891条3号)
詐欺・強迫により、被そうぞく人にそうぞくに関する遺言を作成・撤回・取消し・変更させた者(民法891条4号)そうぞくに関する被そうぞく人の遺言書について偽造・変造・破棄・隠匿した者

(民法891条5号)
これらは、特定のそうぞく人にそうぞく欠格事由が認められれば当然にそうぞく権を失うことになることになります。 これをそうぞくの欠格といいます。
“相続権を失う欠格する要件とは”の詳細は »

相続した財産の物納の落とし穴とは

相続で、物納申請した財産が管理処分不適格であると判断された場合は、却下となります

物納の再申請は1回のみ認められています。

物納申請した財産が管理処分不適格であると
判断された場合は、却下となりますので
その財産のかわりに1回だけ他の財産による物納の再申請が可能です。

物納から延納への変更は原則できません。
延納により金銭で納付できるようになると
特納申請の却下があった場合に限り、物納から延納に変更可能となります。
“相続した財産の物納の落とし穴とは”の詳細は »

相続税の控除される部分のはなし

相続税が控除されるのそれぞれの控除の要件についての説明です。

「相続税」の場合...

○「基礎控除」 5,000万円+1,000万円×相続人
これは、父が死亡場合、「母、子1人=相続人2人」で、
7,000万円しか控除できません。
都心にちょっとした土地でもあれば、すぐに、超えてしまいます。

○「配偶者の税額軽減」
「母=配偶者」が、「財産の半分」又「1億6,000万円以下」を
取得場合、「母」はゼロです。
しかし、「子供」の取得財産には、課税されます。
「母」が全財産取得として、今回税がゼロでも、後に母死亡で、
結局「子供」に課税されます。
“相続税の控除される部分のはなし”の詳細は »

相続と保険金の受け取り人

死亡保険金は受取人固有の財産ですので受取人死亡の場合はその法定相続人が受け取る。

簡易生命保険は、民間の生命保険とは違い、「簡易」に手続きできるようになっています。
ゆえに普通ですと相続となり、相続人が亡くなっている
場合は代襲相続となりますが、簡易保険は遺族となり、以下のようになります。代襲相続はありません。
“相続と保険金の受け取り人”の詳細は »

« 過去の記事
最新の記事 »