葬儀の費用を準備するために考えること

不動産を相続したい方は、被相続人の遺産に現金預貯金がない場合、
どんなことをしてでも相続分の支払いをしなくてはなりません。

民法892条の定めるところにより相続権を持つ人間に著しい非行の事実がある場合に、家庭裁判所に「推定相続人廃除調停申立て」をすることにより推定相続人の持っている遺留分を含む相続権を剥奪する制度もありす。ただし、その相続人に子がいる場合にはその子供に相続権が移行されることになります・・・・代襲相続葬儀費用は相続財産から支出すると決まっているわけではないのですがそれを使ってもいいですし、場合により喪主が自己負担するでしょう。ただし香典や弔慰金も喪主が処分権を持っています。額によっては自己負担できないケースもあります。被相続人が亡くなった後、金融機関が口座を凍結する前に引き出して、葬儀費用に当てることもあります。亡くなる前だと生前贈与にもなりかねませんし不法行為にもなりかねません。葬儀費用を相続財産から支出する場合は、きちんと明細を明らかにして、(領収書も添付するなどし)おくことです。一番良いのは生前に葬儀費用についてどう負担するのか、きちんと考えておくことが大切です。

なぜ遺産分割協議書を相続の登記の際に求められるのだろう
登記所の審査は形式的である。実際に登記の原因である権利の変動があったかどうかを審査しない。
というか、できない。よって、形式の審査を可能な限り高い精度で行うのだ。
遺産分割協議書が正しく作られていることを担保するために実印と印鑑証明書をもとめるのも、こういった事情かららだろう。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む