相続の放棄をしたが、やっぱり欲しい

家庭裁判所に相続放棄の手続をしたが、やっぱり相続をしたいと思った場合、取り消すことはできるのでしょうか?
結論から申し上げると、相続放棄の手続きは、一度行うと、原則取り消すことはできません。

被相続人に多額の借金があり、相続することで負債を抱えてしまう場合や、相続争いに巻き込まれるのを敬遠するために、相続放棄を選択されたとします。相続放棄を選択すると、財産のプラス・マイナスに関わらず、相続に関する一切の権利について、文字通り「放棄」することになります。

先ほどもお話しした通り、相続放棄をすると原則取り消すことはできません。なぜなら取り消しが簡単に認められるようであれば、相続手続きを確実に行うことが難しくなってしまうためです。 しかし、法律というのは、原則とあると、必ず例外というものがあるんです。

例えば、詐欺や脅迫によって相続放棄をした場合です。他の相続人から「被相続人には多額の借金があった」と聞かされていた場合や、「相続放棄しないと危害を加える」と脅されたりしたような場合は、取り消しができるのです。そのほかにも、未成年者が法定代理人に無断で相続放棄をした場合や、成年後見人が相続放棄をした場合なども取り消しが可能になります。また、何らかの勘違いがもとで相続放棄をしたような場合も、取り消しが認められることがあります。

あなたは、それにあてはまりますか?もし当てはまったら相続放棄の取り消し手続きができるかもしれません。

しかし、いつまでも無期限に取り消しできるわけではありません。、取り消しの手続きは、追認できる時点(騙されていたと気付いたとき、無断で相続放棄が行われたと知ったときなど)から6ヶ月を経過した場合は、時効によって取消権が消滅します。また、相続放棄をしてから10年が経過した場合も同じで、取消権は消滅しますので注意してくださいね。

川崎市で相続放棄の相談家として活動中です
家庭裁判所に相続放棄の申述を行っていたとしても、まだ申述が受理されていないのであれば、相続放棄の申述そのものを取り下げることが可能です。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/abandonment/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む